ビフィズス菌(ロンガム種)が腸内改善に重要な理由 ビフィズス菌(ロンガム種)でお腹がスッキリ

お腹の調子が悪い時にはビフィズス菌(ロンガム種)が良いとされています。テレビ番組等でも頻繁に紹介されますので、「ビフィズス菌(ロンガム種)がお腹に良い」とは多くの方が知る所なのではないでしょうか。ですが、「ビフィズス菌(ロンガム種)とは何か」と聞かれた時に「腸を良くしてくれるもの」だとは答えられても、それ以上の事はよく分からない人の方が多いのではないでしょうか。
そこで、ビフィズス菌(ロンガム種)とはどのようなものなのかを見てみるとしましょう。なぜ腸内改善はおろか、お腹スッキリ効果まであるのか。

 

・ビフィズス菌(ロンガム種)とは

ビフィズス菌(ロンガム種)が具体的にどのような事を行ってくれるのかというと、乳酸や酢酸などの「有機酸」を生成する事により、悪玉菌の増殖を防ぎます。
この「増殖を防ぐ」運動が腸内環境を整える事になるのです。酢酸と聞くと酢でも述べ飲めば良いのではないかと思う人も多いかもしれませんが、酢の場合、消化の途中で消化されてしまい、大腸まで届かないのです。
そのため、酢よりもビフィズス菌(ロンガム種)なのです。そしてこの酢酸には強い殺菌力もありますので、胃腸の中の健康状態を保ってくれるのです。
例えばですが、一時期猛威を振るった「o157」は、ビフィズス菌(ロンガム種)に予防効果があるのです。さらにはビタミンB群も作る事が確認されていますので、様々な作用があります。免疫調節作用や血中脂質改善作用、抗腫瘍作用などです。
つまり、腸内はおろか健康にも役立ってくれるからこそ、ビフィズス菌(ロンガム種)がクローズアップされる事が多いのです。オススメです!「ヘルスエイドビフィーナs」のすごいところ!便通改善ができるサプリ

 

・お腹スッキリする理由

ビフィズス菌(ロンガム種)を摂取するとお腹がスッキリする理由は、ビフィズス菌(ロンガム種)によって腸内が正常になると、便通も正常になります。便秘や下痢は、言いかえれば「腸内の不健康」になります。便秘の時には本来出ていくべきものがお腹の中に溜まってしまっているのですから、どうしてもお腹がポッコリしてしまいます。
下痢の時は逆に本来貯めておかなければならない栄養素まで出してしまいますので、そのおかげで脱水症状を引き起こしてしまう事もあるのです。
ですがビフィズス菌(ロンガム種)をしっかりと摂取すれば腸内を健康に保ち、正常な働きを促進してくれますので、結果、お腹の状態も整えられ、出すものは出す。残す物は残す。ヘルスエイドビフィーナ5
これが出来るようになりますので、お腹スッキリとなるのです。
便通が悪い時はビフィズス菌(ロンガム種)が有効とされるのはそのためです。
ビフィズス菌(ロンガム種)は下剤ではなく、腸内環境を整えてくれるものなのですから、便通の改善や排便回数などに効果があるのです。
「ヘルスエイドビフィーナs」の体験談はこちら