ヘルスエイドビフィーナSとリズムハーブSどう使い分ける??

「便秘で困っているけれど、安易に便秘薬には頼りたくない」という人たちの間で、特に高い人気を得ているものとして挙げられるのが、ヘルスエイドビフィーナSとリズムハーブSです。

 

この2つの便秘対策商品、効き方や成分はどう違うのか?
この機会に徹底比較してみましょう!

ヘルスエイドビフィーナSの特徴

ヘルスエイドビフィーナSは、腸内の善玉菌の主役であるビフィズス菌(ロンガム種)を増やす作用にすぐれた機能性表示食品。

 

腸内にはさまざまな善玉菌が生息していますが、実はその善玉菌の約9割はビフィズス菌となっています。

 

ですから、腸内環境を善玉菌優勢にするためには、善玉菌の大部分を占める主役となるビフィズス菌を増やすのが、特に効果的と言えるのです。

 

ヘルスエイドビフィーナSは、この重要なビフィズス菌(ロンガム種)を、独自のハイパープロテクトカプセルで胃酸からしっかり守り、生きた状態で腸にしっかり届けられるよう工夫されています。

 

「善玉菌の主役が直接腸に届くことで、悪玉菌と戦う力を増大させ、善玉菌優勢にして便通を改善していく」というのが、ヘルスエイドビフィーナSの効き方です。

 

飲むタイミングに決まりはありませんが、食後のほうが「食事によって胃酸が薄まっている分、ヘルスエイドビフィーナSのビフィズス菌が、より生きて届きやすくなる」という理由で、食後に飲むのがおすすめですよ。

リズムハーブSの特徴

 

リズムハーブSは、オオバコの一種である「プランダコ・オバタ」をたっぷりと配合した医薬部外品です。

 

プランダコ・オバタには、サイリウムという良質の食物繊維が約8割も含まれており、しかもこのサイリウムが、「水分を吸うと、数十倍にも膨れ上がる」という性質を持っています。水分でぷるっぷるになった、ソフトブラシのような食物繊維で、腸内に溜まった便を無理なくからめ取って押し出して排出してくれるわけですね。

 

「腸内に古い便を残さない」という効き方が期待できるだけでなく、「数十倍にも膨れる作用によって、空腹感をまぎらわせることができる」というメリットもあります。

 

飲むタイミングは食前です。「コップ1杯の水に、リズムハーブSをよく溶かしてから飲む」という手順を守る必要がありますよ。

ズバリ、ヘルスエイドビフィーナSとリズムハーブS、どちらがいい?

便通改善対策に使える商品の中でも特に人気が高いヘルスエイドビフィーナSとリズムハーブS、この両者の最大の違いは、

 

ヘルスエイドビフィーナSは善玉菌補給系
リズムハーブSは食物繊維補給系

 

という点です。
つまり「便通改善対策のために補給する成分が違う」ということですね。

 

では、便通改善対策にはどちらのほうが、より役立つのかというと…

 

結論から言えば「どちらも効果は期待できる」というところですが、あなたの食生活や生活スタイルの違いによって「より適しているタイプ」は違ってきます。

 

まず、食生活の面で見た場合は、以下のような違いがあります。

 

〇発酵食品(味噌・漬物・キムチ・納豆・ヨーグルトなど)をあまり食べていないと思う人には、ヘルスエイドビフィーナSがおすすめ。
〇野菜不足ぎみの人や、「空腹感に負けてドカ食いしてしまいやすい」という人には、リズムハーブSがおすすめ。

 

次に、便のタイプで見た場合は、以下のような違いがあります。

 

〇便器にこびりつくような粘度の高い便が出やすい人や、「便秘だけではなく、下痢になることも少なくない」という人には、ヘルスエイドビフィーナSがおすすめ。
〇ウサギのフンのようなコロコロ便が出やすく「下痢にはなりにくく、ひたすら便秘が頑固で困っている」という人には、リズムハーブSがおすすめ。

 

もちろん、こうした「どちらがおすすめか」という区別は、あくまで参考程度にすぎませんので、自分でどちらがいいのか判断がつきにくい場合は、いっそのこと「両方とも、一定期間ずつ試してみる」という手もあります。

 

幸い、ヘルスエイドビフィーナSもリズムハーブSも、初回はお得な価格でお試しできる制度がありますので、「ヘルスエイドビフィーナSの初回割引購入分を使い切ってから、次はリズムハーブSのお試し効果実感セットを使ってみる」などという感じで比べてみるといいでしょう。
ヘルスエイドビフィーナsの体験談はこちら