オリゴ糖ってどんな効果があるの?オリゴ糖の働きを紹介

「健康にはオリゴ糖が良い」「オリゴ糖は素晴らしい」といったように、健康に関していろいろとアンテナを立てているとこのような言葉を見聞きする機会が多いかと思いますし、実際体に良いとされている健康食品やサプリメントを見てみると、オリゴ糖が含まれているものも多いです。
ですので、「オリゴ糖は体に良い」とは多くの方がご存知かと思いますが、オリゴ糖が実際にどのような働きをしてくれるものなのかは実はあまり知られていないのではないでしょうか。
名前の知名度の割に、実際にどのような効果をもたらしてくれるものなのかはあまり知られていないかもしれないので、オリゴ糖が具体的にどのような働きで我々の健康を手助けしてくれているのかを見てみるとしましょう。
ヘルスエイドビフィーナ6

・オリゴ糖とは

オリゴ糖は、腸内ビフィズス菌増殖促進因子とも言われています。
つまり、ビフィズス菌を増やしてくれるものなのですが、単糖が結合したものを「オリゴ糖」と言います。
二種類結合したものや三種類結合したものなど、オリゴ糖にも様々な種類があるのですが、いずれもビフィズス菌の栄養素となって繁殖を促進してくれるのです。
つまり、腸内環境を整える効果があるのです。しかもオリゴ糖は消化液や消化酵素に強いという特徴もありますので、胃や小腸など、大腸までしっかりと到達出来るのです。
これが肝心なポイントなのです。
どれだけ素晴らしくとも、大腸までの道のりで消化吸収されてしまっては意味がありません。
大腸までしっかりと到達し、繁殖促進効果をもたらしてくれるものなのです。

 

・オリゴ糖とビフィズス菌の関係

つまり、オリゴ糖はビフィズス菌の働きをよりよくしてくれるものになります。
ビフィズス菌は腸内の働きを正常なものにしてくれるとても貴重な栄養成分になるのですが、オリゴ糖があると更により良い働きとなるのです。
ビフィズス菌だけでも効果はありますが、より効率良くビフィズス菌を吸収させたいのであればオリゴ糖の存在は不可欠という事になるのです。
普段言葉くらいしかあまり意識する事はないかもしれませんが、オリゴ糖にはこのような効果があったのです。
特にビフィズス菌は健康には欠かせないとまで言われているものです。
そのビフィズス菌をより活発にしてくれるのですから、どれだけ大切なものなのかが分かったのではないでしょうか。
それぞれ様々な役割がありますが、オリゴ糖をしっかりと摂取する事により、腸内環境をより整える事が出来るのです。
ヘルスエイドビフィーナsの体験談はこちら