【比較】「ヘルスエイドビフィーナex」(スーパー)とPearl(パール)

【比較】「ヘルスエイドビフィーナex」(スーパー)とPearl(パール)

 

 

発売から20年以上の長きにわたって人気を集めているビフィズス菌(ロンガム種BB536)サプリ、「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズ。

 

その中でも1番人気となっているのが、50億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)を含む「ヘルスエイドビフィーナex」(スーパー)」です。

 

「ヘルスエイドビフィーナex」には、スタンダードな顆粒タイプに加えて、2014年には錠剤タイプの「ヘルスエイドビフィーナPearl(パール)」という商品も発売されました。

 

両者には一体どのような違いがあるのかについて、詳しくご紹介していきます!

 

シリーズ一番人気!「ヘルスエイドビフィーナex」とは?

「ヘルスエイドビフィーナex」(スーパー)」は、森下仁丹の販売する「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズの中でも、もっとも人気が高いといわれている商品です。

 

「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズには、現在「ヘルスエイドビフィーナR」(レギュラー)・「ヘルスエイドビフィーナex」(スーパー)・「ヘルスエイドビフィーナEX」 (エクセレント)の3種類の商品があり、それぞれ含まれるビフィズス菌(ロンガム種BB536)の数が異なっています。

 

その中でも「ヘルスエイドビフィーナex」は、含まれるビフィズス菌(ロンガム種BB536)の数がちょうど「ヘルスエイドビフィーナR」(25億個)と「ヘルスエイドビフィーナEX」(100億個)の中間である50億個ということもあって、多くの人に選ばれているのです。

 

「ヘルスエイドビフィーナex」の基本情報

機能性表示に関する情報

「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズは、いずれの商品も事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性をうたうことができる「機能性表示食品」です。

 

「ヘルスエイドビフィーナex」の機能性に関する情報は以下のようになっています。

 

・機能性関与成分:ビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個
・届出表示:本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)が含まれます。ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。

 

価格

「ヘルスエイドビフィーナex」の価格は以下の通りです。

 

・30日分:通常販売価格 5,400円(税込)
定期購入価格 3,980円(税込)

 

「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズは、含まれるビフィズス菌(ロンガム種BB536)の数が多いほど価格が高くなりますので、「ヘルスエイドビフィーナex」は価格的にもちょうど「ヘルスエイドビフィーナR」と「ヘルスエイドビフィーナEX」の最上級に設定されています。

 

もし気に入って継続したいなと思った場合は、定期購入にすると27%オフで購入できますのでとてもお得です♪

 

摂取方法

「ヘルスエイドビフィーナex」は、.もっとも人気の顆粒タイプの商品です。摂取方法は「1日1袋を目安に、水などと一緒に噛まずにお召し上がりください」となっています。

 

「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズの顆粒はさわやかなレモン味ですので、粉薬などが苦手な方でも飲みやすいと好評です。ちなみに顆粒の中に見える黄色いつぶつぶは、ヘルスエイドビフィーナ独自の「ハイパープロテクトカプセル」で、この中にビフィズス菌(ロンガム種BB536)が入っています。

 

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)は熱や酸に弱いため、そのまま摂取してもほとんどが腸にたどり着く前に死滅してしまうのですが、ハイパープロテクトカプセルに閉じ込めることで、およそ90%ものビフィズス菌(ロンガム種BB536)が胃酸の中でも死滅することなく、生きたまま腸まで届くのです!

 

顆粒が苦手な方でも安心の「ヘルスエイドビフィーナパール」とは?

「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズの中で「EX(イーエックス)」と名のつく商品には、もう一つ「ヘルスエイドビフィーナs」 Pearl(スーパーパール)」があります。

 

「ヘルスエイドビフィーナパール」は2014年から発売が開始された、シリーズの中でも新しい商品です。

 

通常の「ヘルスエイドビフィーナex」との大きな違いは、以下の2点になります。

 

顆粒ではなくカプセルタイプ

「ヘルスエイドビフィーナex」が顆粒であるのに対し、「ヘルスエイドビフィーナパール」はカプセルタイプとなっています。

 

見た目が丸いため、実際はカプセルというより錠剤に近いのですが、その正体はヘルスエイドビフィーナ独自の「ハイパープロテクトカプセル」です。顆粒タイプの商品では、直径2.5mmの複数のカプセルにビフィズス菌(ロンガム種BB536)が含まれていますが、「ヘルスエイドビフィーナパール」では直径6.5mmの一つのカプセルの中にすべてのビフィズス菌(ロンガム種BB536)が入っています。

 

もちろん、ハイパープロテクトカプセルの機能は顆粒タイプのものと変わりませんので、胃酸に弱いビフィズス菌(ロンガム種BB536)を生きたまま腸まで届けることが可能です!

 

摂取方法は「1日2粒を目安に、水などと一緒に噛まずにお召し上がりください」となっています。

 

オリゴ糖が含まれない

「ヘルスエイドビフィーナex」には、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)のほかにオリゴ糖も1袋あたり0.3グラム含まれていますが、「ヘルスエイドビフィーナパール」にはオリゴ糖が一切含まれていません。

 

上記を除けば、「ヘルスエイドビフィーナex」と「ヘルスエイドビフィーナパール」は含まれるビフィズス菌(ロンガム種BB536)の数も同じ50億個ですし、機能性関与成分や届出表示も変わりません。価格も、30日分・60日分どちらもまったく同じに設定されています。

 

「ヘルスエイドビフィーナex」と「ヘルスエイドビフィーナパール」の比較まとめ

「ヘルスエイドビフィーナex」と、「ヘルスエイドビフィーナパール」の違いを表にしてまとめてみました。
【比較】「ヘルスエイドビフィーナex」(スーパー)とPearl(パール)

 

 

「ヘルスエイドビフィーナex」「ヘルスエイドビフィーナパール」
形状粉末状(スティックタイプ)カプセル(錠剤)
機能性関与成分ビフィズス菌(ロンガム種BB536)100億個 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個
栄養成分表示
(1回分あたり)エネルギー8.8kcal・たんぱく質0.28g・脂質0.73g・炭水化物0.89g・食塩相当量0.0024g | エネルギー5.1kcal・たんぱく質0.16g・脂質0.41g・炭水化物0.84g・食塩相当量0.0012g

 

摂取方法1日1袋を目安に、水などと一緒に噛まずに飲む1日2粒を目安に、水などと一緒に噛まずに飲む
価格?30日分:【販売価格】5,400円(税込)【定期価格】3,980円(税込)
?30日分:【販売価格】3,856円(税込)【定期価格】3,084円(税込)

 

 

このように見ると、「ヘルスエイドビフィーナex」と「ヘルスエイドビフィーナパール」のおもな違いはビフィズス菌(ロンガム種BB536)の量と形状とオリゴ糖の有無です。

 

期待できる効果にも差はないと考えられますので、単純に「顆粒がいいか錠剤がいいか」だけで選べばいい、ということになります。

 

ただし外出先に携帯したい場合は、1袋ずつの個別包装となっている「ヘルスエイドビフィーナex」のほうが便利かもしれません。

 

「ヘルスエイドビフィーナパール」は、錠剤がまとめて瓶に入っていますので、どちらかというと家で摂取するのに向いています。

 

あとは価格も同じですので、自分にとって飲みやすそうなほうを選んでみてくださいね♪

その他の比較記事

「ヘルスエイドビフィーナR」で腸内フローラを良好に!Sと比較検証あり
「ヘルスエイドビフィーナEX」とリズムハーブSを効き方、成分で比較してみた!