ヘルスエイドビフィーナRとSとEXって何が違う?おすすめのはどれ?

 

ビフィズス菌サプリとして圧倒的とも言えるほどの人気を集めているのが森下仁丹のヘルスエイドビフィーナ

 

ヘルスエイドビフィーナにはS、R、EXの三種類があります。
レギュラー、スーパー、エクセレントの略になるのですが、違いはなんでしょうか??

 

具体的にどのような点が異なるのか、3つの「ヘルスエイドビフィーナ」を比べるました。

 

比較してどのような人や症状にオススメなのか紹介します。

 

ちなみに一番売れてるのはやはりヘルスエイドビフィーナSになります。それはやはり一番スタンダードで森下仁丹さんが一番押してる商品でもあるからですね。

 

\ 最初は23%off&定期購入の必要なし /

ビフィーナsトップ1

 

ヘルスエイドビフィーナ3つの違いはビフィズス菌

 

ヘルスエイドビフィーナR、S、EX。

 

これらにどのような違いがあるのかというと、
配合されているビフィズス菌の数で、それ以外の部分では違いはありません。

 

乳酸菌が10億個な点はどれも同じです。
1箱の量は森下仁丹オンラインショップには、どのタイプのヘルスエイドビフィーナも30日分と60日分があります。
ですが配合されているビフィズス菌に関してはRが25億個であるのに対し、Sが50億個、EXが100億個となっているのです。
価格に関しては通常価格ですとRが4,320円。Sが7,344円。
EXが10,153円。定期購入の場合、それぞれ3,456円、5,875円、8,121円となります。

 

商品名

ヘルスエイドビフィーナR

ヘルスエイドビフィーナS

ヘルスエイドビフィーナEX

ビフィズス菌 25億個 50億個 100億個
乳酸菌 10億個

アシドフィルス菌、ガセリ菌

10億個

アシドフィルス菌、ガセリ菌

10億個

アシドフィルス菌、ガセリ菌

オリゴ糖 0.30g 0.30g 0.30g
通常価格

1,620円/20日分
4,320円/60日分

3,856円/30日分
7,344円/60日分

5,400円/30日分
10,152円/60日分

定期購入

1,980円/30日分
3,456円/60日分

2,980円/30日分
5,875円/60日分

4,320円/30日分
8,121円/60日分

 

ヘルスエイドビフィーナに含まれているオリゴ糖は、ラフィノースという種類です。
ラフィノースオリゴ糖は、甜菜(ビート)から抽出したもので、難消化性オリゴ糖に分類されます。

 

難消化性オリゴ糖は、消化されずに大腸まで届きます。
甜菜糖が、ダイエット向きな理由でもありますね。

 

ラフィノースオリゴ糖は善玉菌のエサになるとともに、水分を保つ性質があるため腸内にある食べ物の分量を増やします。それにより、排便しやすくなるのです。

 

\ 最初は23%off&定期購入の必要なし /

ビフィーナsトップ2

ヘルスエイドビフィーナはどのように使い分けると良いのか

ではこれら三種類のヘルスエイドビフィーナは、どのような形で使い分けると良いのでしょうか。

 

お試しならヘルスエイドビフィーナR

一般的にはまずはお試しで使ってみたいのであればR。

 

平均的な人はヘルスエイドビフィーナS

年齢と共に腸内のビフィズス菌は減少していきますので、
年配の方ではSではあまり効果を実感出来ないかもしれません。

 

より効果の高いものが良いならヘルスエイドビフィーナEX

Sでもあまり効果が出なかったり、年配でより効果の高いものをと考えているのであればEXです。

 

いくらヘルスエイドビフィーナが素晴らしいものであったとしても、そもそも腸内のビフィズス菌が少なければ意味がありませんからね。
どのようなものなのか使ってみたいだけであればSがおすすめ。
Sの定期で試して自分の体調や身体の調子をみながらRやEXに変更すると効率的です。

 

ヘルスエイドビフィーナSを使っているが年齢を重ねてきていると実感していたり、まだまだ腸の調子が自分でも悪いなと感じる。
そのような場あいにはEXを使うのがオススメです。

 

ヘルスエイドビフィーナSを飲んでいてもう少し頻度を減らしてもいいかもという人は数日明けてSを飲むようにするか、Rに切り替えるのをおすすめ。
コスト的に考えてSを2日に一回飲むというように日を開けることをおすすめします。

 

 

腸内環境は人それぞれ異なりますが、ヘルスエイドビフィーナであればどのタイプであっても
自分自身の腸内を手助けしてくれる事は間違いないのですから。

 

\ 初回は876円割引&送料無料 /

ビフィーナsトップ3

ヘルスエイドビフィーナS生活、スタートしてみた

ビフィーナs

 

ありがたい事に、今まで腸内環境や便通に関してあまり悩んだ事はありませんでした。

 

子供を産むまでは...

 

出産って本当に命がけなんだなって思います。
ビックリするぐらい体質が変わります。
肌質や体型も去る事ながら、その中の1つが「腸内環境」

 

乳製品を心掛けて摂取をしてはいたものの、
今まで無縁だったのに便通が悪くなったり、思ったように便通が来なくなったり...
かと言っていきなり病院に行く勇気はない私。

 

まずは自分で何とかしようと思って、ママ雑誌にも載っていたオススメ品をトライしてみる事に!
と言う事で1ヶ月体験レポートです♪

 

 

今回購入したのが森下仁丹から発売されているヘルスエイドビフィーナS。
簡単にヘルスエイドビフィーナSとはどういった物なのかを説明すると

  • ビフィズス菌を生きたまま腸に届ける
  • 特殊のカプセルコーティングが耐酸性を持っている事が秘訣
  • これを飲む事で腸内フローラが良好になる
  • 機能性食品だから薬ではない

というもの。

 

腸内フローラとは?

腸内に住み着いている多種多様な腸内細菌が腸内の壁面に生息している状態を
植物が種類ごとに集団を作って群れているお花畑の様子に例えられた物。
腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼ばれている。

 

個人的にはこういった腸内に効くサプリみたいなものを初めて使用するので、
薬じゃない機能性食品であるという点に好感触。
(いきなり薬ってハードルが高くて手が出しにくいしちょっと不安なんですよね。)

 

使用されている成分はこちら。

 

「本当に薬じゃないんだよね?」と疑いながらもあらかたの成分を調べてみたのですが薬らしい成分は配合されておらず。

 

パっと見て「これなんだろう?」と思ったエリトリトール。
これは甘味料の一種で、ぶどう糖を原料に酵母を発酵する事で作られるそうです。
虫歯になりにくい甘味料だとか。

 

という事は、ヘルスエイドビフィーナSは甘いのか!?
毎日飲む物だから飲みやすいかどうかは重要なポイントなので好感触です。

 

でも、確かに毎日飲む物が甘い物だと確かに虫歯も気になる!(笑
エリトリトールが使用されている事にかなり納得しました。

 

 

箱に入っているのはスティック状にパッケージされたヘルスエイドビフィーナS。
1日1本で30本入っています。
基本的に朝ご飯の時に飲むものかな?と思っていますが
朝時間がなくて忘れそうな時もスっと鞄に入れる事が出来るので働いてる女性にもオススメかもです。

 

写真で見るよりも小ぶりで細く、指1本分と言った所でしょうか?
この1袋には50億個のビフィズス菌と10億個の乳酸菌が配合されています。
すごく多い!を通り越してもう訳が分からなくなりそうな数です(笑

 

海外に旅行する事が多々あるのですが、そういう時って食生活が乱れるため
排便がないのはもうほぼ当たり前の状態。
そういう時にも持ってきやすいなと思いました♪

 

 

気になる中身です。
黄色のキューブにびっくりしました!
これが噂の胃酸に強いハイパープロテクトカプセル。

 

このカプセルの中には、ビフィズス菌or乳酸菌が入っており
その上にハイパープロテクト層、さらに上に耐酸性皮膜で覆われているため
胃酸や熱にはバッチリ対応出来そうです。

 

\ 初回は876円割引&送料無料 /

ビフィーナsトップ4

ヘルスエイドビフィーナsを実際飲んでみた

ヘルスエイドビフィーナsをサイト管理人が実際に飲んだ体験を紹介します。

 

ヘルスエイドビフィーナsの味について

レモン風味です。
正直ちょっと酸っぱいかも?って思ったのですが、一緒に入っている白い粒が甘いので酸っぱさがそこまで引き立たないため私でもあっさり飲めます。

 

思わずカプセルをカリって噛んでしまいそうになる...
(これを噛んでしまったらせっかくのハイパープロテクトカプセルが無駄になってしまう!笑)
変な匂いも無いので口の中に入れても臭みや苦みは一切なし。

 

翌日の急激な変化はなかった

これだけ乳酸菌やらビフィズス菌を飲んでダイレクトに腸に届けたんだから
きっと翌日にはすぐに効果が現れるでしょ!と呑気に思っていたのですが、
飲んだ翌日に劇的な変化はありませんでした。

 

その後も毎日朝に飲み続けていましたが、波があります。
良い日もあれば出ない日もある。
乳酸菌を沢山摂取したからすぐに出るという物ではなく、
ヘルスエイドビフィーナSを飲んで尚且つ食生活をしっかりする事が大切なんだなと思いました。

 

生理前でも排便回数が減らなかった

人によるかもしれませんが、私は排卵周辺や、生理が近くなると便通が悪くなります。
いわゆるホルモンバランスが乱れやすい時期です。

 

そして、生理が始まるとこれまでの便通の悪さは何だったんだろう?
と思う位スルッとしました。

 

しかし、ヘルスエイドビフィーナSを飲み始めてから生理前でも排便回数が減らなくなった。

 

しっかり排泄する事が出来る様になったのが大きな変化です。

 

ヘルスエイドビフィーナSを飲み始めてから10日目位に生理がやって来たので
おそらく、腸内環境がしっかりと整った頃なのかな?と思います。

 


30日飲み続けたが毎日は出ない

購入した時は、「これを飲んでいたら毎日排便が来るようになる」と思っていたのですが結局、1ヶ月たった今でも毎日は来るようにはなりません。
しかし、トレイに行くペースが早くなったのは事実です。

 

今までは3日に1回だったり、下手したら4日に1回だったのですが
毎日来る時は来る、来なくても2日に1回のペースになりました。

 

最近は2日に1回なので便通の改善ができたと言っても良いのではないかな?と思います。

 

また、今まではトイレにいる時間が20分以上だったのですが、3分以内にはトイレから出られます。
早いと本当に1分以内です(笑
毎日排泄がある事よりも、私はトイレにいる滞在時間が断トツで短くなった事に感動しました。

 

決まった時間に排泄出来るようなった

今までは24時間いつどのタイミングで排泄が出来るのか分からない状態だったのですが、ヘルスエイドビフィーナSを飲む様になってから朝食でコーヒーを飲んだ後、15分以内にトイレにいくようになりました。

 

そのため、朝の時間にゆとりが持てる様になり
「今コーヒー飲んだから、食器を洗って片付けたら丁度かな?」
と、トイレに行く時間を逆算出来る様になりました。

 

確かに昔からコーヒーを飲むと排泄しやすくなるタイプだったのですが
出産後はそれもなくなりすっかり忘れていました(笑
しかも、お腹が痛くなってトイレに行く事は全く無くなりました。

 

ヘルスエイドビフィーナsを1ヶ月飲み終えた感想

 

最初の1週間は、黄色のカプセルを噛み砕かないように気を付ける事に必死でした。
人間と言うのはすぐ適応するのですぐ慣れます。

 

味も飽きるも何も、ダイエットスムージーみたいに置き換えて毎食食べるというものではなく
朝昼夜好きな時に飲むと言うものなので漢方薬感覚です。

 

機能性食品なので、食前や食後と言った指定も無いのも楽でした。
私は朝起きてキッチンに立つ前に水と一緒に飲んでいた事でもう習慣になってしまったので忘れる事もありませんでした。

 

ヘルスエイドビフィーナSの力だけに頼るのではなく、食生活を気にかけられるようになったのも良いきっかけでした。

 

今までは、
「今日は面倒くさいから惣菜にしよう」
「あー揚げ物食べたいなぁ」

 

と思って欲のままに夕食の献立を考えたりしていましたが、
ヘルスエイドビフィーナSを飲む様になってから

 

「あ、昼こってりした物を食べたから夜は和食にしよう」
「極力油を使用しないレシピにしてみよう」
「サラダの野菜ばかりじゃなくて、根菜もしっかり取ろう」

 

と健康的に考えられるようになりました。

 

意識が変えられる様になったのも良いきっかけでした。
薬より先に腸内環境を整えると言う私の選択は間違ってなかったなと思います♪
以上、体験レポートでした!

 

\ 初回は876円割引&送料無料 /

ビフィーナsトップ5

機能性表示食品について 健康食品とは違うの?

2015年4月より、「機能性表示食品」なる制度が始まりました。

 

「健康食品で十分なのではないか」との声も根強く聞かれる一方で、
「健康食品との違いがよく分からない」との声がとても多いのも事実です。

 

まだまだ馴染み深いとは言えない制度ですので、違いが分からない人が多いのも致し方ない部分ではありますが、
どのようなものなのかを見てみるとしましょう。

 

ちなみにヘルスエイドビフィーナR・S・EXは下記のように届け出されています。

表示しようとする機能性

本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種)が含まれます。
ビフィズス菌(ロンガム種)には腸内フローラを良好にし、
便通を改善する機能があることが報告されています。

 

消費者庁の”機能性表示食品に関する情報 > 届出詳細内容1〜25”に記載されています。

機能性表示食品という新しいカテゴリー

機能性表示食品とは、簡単に言えば新しいカテゴリーです。

 

 

特定保健用食品や栄養機能食品、そして機能性表示食品となるのですが、
機能性表示食品は国が審査しているわけではありません。

 

科学的根拠が示されている研究論文を消費者庁に提出しなければならないのですが、
届け出さえ行えば国がわざわざ審査するものではないのです。
それでいて商品パッケージに効果を表示出来るのです。

 

つまり機能性表示食品とは簡単に言えば
「科学的根拠はある。でも審査をしたわけではない」ものです。

 

特定保健用食品とは

これに対し、しばし比較で出される特定保健用食品とはどのようなものなのかと言えば、
特定保健用食品、いわゆる「トクホ」と呼ばれている食品に関しては
消費者庁長官の許可が必要になります。

 

そのためには個別に認可を受けなければならないのですが、
認可を受けるためには大企業や資金力のある企業の方が有利な側面があるのも忘れてはなりません。


機能性表示食品とそれ以外はどのような違いがあるのか

ではどのような違いがあるのか。

 

 

機能性表示食品だからトクホより劣るかと言われると、必ずしもそうではないケースとてあるのです。
特に特定保健用食品の場合、先にもお話に出ましたが消費者庁長官の許可が必要ですが、そのためには審査が必要です。

 

その審査を受けるのもお金が必要になります。
サンプルの提出等も求められるのですが、トクホの認可のためめには1億円程度は必要と言われています。

 

本来であればトクホとして認定されるだけのものは持っているものの、その資金がないがために諦めている。
そのような商品があったとすれば、トクホではなく機能性表示食品として発売出来るのです。
機能性表示食品であれば論文だけで良いですから、製造元としては楽です。

 

このように、両者には明確な違いがあります。

 

どちらを選ぶのかは当然消費者の責任になりますが、どのような違いがあるのかよく分からない人も多いものです。
そのため、「どちらも同じだろう」と思ってしまう人も多いのですが、審査や審査元が異なると考えておくと良いでしょう。
単純な信憑性という点ではトクホの方が上との声があるのは、資金が必要な分、冷やかしがないからです。

 

\ 初回のみ876円お得に購入できます♪ /

ビフィーナsトップ6

 

お腹にいいこといろいろピックアップしてみました

 

最近話題のビフィズス菌はお腹で大活躍

ビフィズス菌の優れたところは、腸内で乳酸とともに酢酸も生成すること。
酢酸は殺菌作用があるのでフェカリス菌の増殖を防ぎ、腸内フローラは正常になります。
ビフィズス菌をしっかり取ればお腹スッキリ、気分も爽快! 

 

ビフィズス菌が話題となる理由をチェック!

 

オリゴ糖は主役にも脇役にもなって働くスグレモノ!

オリゴ糖は単体でも健康効果がありますが、更なる長所はビフィズス菌の栄養源となること。しかも消化液や消化酵素に強いので、大腸までしっかり届き、ビフィズス菌をより良くサポートします。
オリゴ糖と、ビフィズス菌の相乗効果で腸内環境はGood!
 

主役にも脇役にもなれるオリゴ糖の働きとは・・

 

機能性表示食品「ヘルスエイドビフィーナ」で健康な生活

年齢とともに減少するビフィズス菌を補い腸内環境の改善に役立つ「ヘルスエイドビフィーナ」
胃酸に強いハイパープロテクトカプセルによって生きたままビフィズス菌を腸まで届けるので便通も改善。そこから広がる毎日を楽しみましょう!

 

機能性表示食品「ヘルスエイドビフィーナs」の素晴らしさは・・・・